シルク素材 


シルク(絹)は洋服としても人気の素材です。シルクは肌触りの良さと軽さ、丈夫さが人気です。医療用ウィッグにもシルクが使われています。通常は髪の毛に覆われている頭皮は非常にデリケートな場所です。シルクは肌触りが良いため、医療用ウィッグの人工頭皮にはシルクが使用されている事が多いです。

かつらシルクの良さは肌触りだけではありません。シルクは通気性もよく軽いため、着け心地も快適で人気があります。またシルクの繊維は人の肌に似たタンパク質でできているため、皮膚の弱い人、アトピー性皮膚炎で悩む方でも安心して使う事ができます。そういった皮膚トラブルを経験したことがない人でも、治療中は体質が変わる事があります。皮膚に不安があるなら。シルク製の人工頭皮が使われた医療用ウィッグがおすすめです。

シルクには通気性の良さだけではなく、抗菌作用、消臭作用もあります。使っているうちに匂いが気になるようになったら、霧吹きで水を吹きかけ、一晩干しておけば翌日には匂いが消えています。手入れの簡単さは医療用ウィッグを選ぶうえで大きなポイントです。治療中は食事の管理や薬の内服など、細々とした作業や管理が多くなります。更に医療用ウィッグの手入れをしていたのでは、時間がいくらあっても足りません。つづいてはウレタン樹脂素材について紹介していきます。