ウィッグの通気性


医療用ウィッグ医療用ウィッグは他のオシャレ用ウィッグに比べて品質が重視されています。そのため医療用ウィッグと名乗っている商品はそれだけで通気性が良いものが殆どです。しかしその中でも、使われている素材により通気性に差があります。通気性が特に高いのはシルク(絹)です。シルクは人の肌に近いタンパク質でできていますから、皮膚の弱い人やアトピー性皮膚炎を持っている人でも使用できる医療用ウィッグです。治療中は肌が敏感になっている人も多いですから、心配な場合はシルクがおすすめです。また、シルクには軽い事と抗菌、消臭作用を持っている特徴もあります。手入れも簡単なため、どの素材がいいか迷っている場合はシルクが安心です。

ウレタン樹脂も人気の素材です。通気性はシルクに比べると若干落ちますが、接近されても医療用ウィッグをつけている事がバレないリアルな見た目が特徴です。重さもシルクに比べると重いですが、僅かな違いなので気にならない人が殆どです。

つけ心地にこだわりたい場合はコットン(綿)素材の医療用ウィッグがおすすめです。コットンは赤ちゃんの衣服に使われるほどですから、肌への負担を最小限に抑える事ができます。医療用ウィッグをつける場合は頭皮を保護するためにインナーキャップをつける事が一般的です。しかし人によってはこのインナーキャップが刺激になったり、気になる場合もあります。通気性と低刺激にこだわりたい場合はコットン素材の医療用ウィッグがおすすめです。